科学は生活を豊かにしてくれるが全てを叶えることが出来ない

日々忙しい毎日にうんざりしていたりしませんか。世の中は豊かになりました。恐らく何十年も前から考えると相当に世の中は変わっているのではないかと考えます。30そこそこのペーペーの私ですが、少なくても子供の頃の時と今の子供たちとでは育つ環境が随分違います。

しかし、世の中変化している割には変わっていない事もあるのではないかと思うわけです。
?

スポンサーリンク

科学は発展し生活は豊かに

?
30数年の間に世の中の流れは随分進化しています。今でこそ主流のスマートフォンやiPhoneですが、私が子供の頃にはありませんでした。当然surfaceもありません。パソコンにしたってWindows98とかが最新のモデルでしたし、一家に1台あるような代物でもありませんでした。
移動手段にしても車は一家に1台が主流でしたが、いまでは1人に1台ってことも。東京に行くために時代によっては歩き、時代によっては馬だったり、電車であったり。今は新幹線や飛行機なんてものもあります。当然のことながら昔に比べて移動時間はかからなくなりました。
?
スポンサーリンク

時間は昔よりあるはず

?
科学の発達によって現代人の時間というのは昔に比べて、倍以上に増えたのではないか?そう思っていたんですが、思ったよりそうでもない。
移動時間がかからなくなったことで、行った先では、ゆっくり観光でも……なんて出来ません。それはなぜか?そこで時間が短縮出来た分ほかのことをしてしまうからです。スマホでゲームをしたり仕事をしたりなど現代人のやる事はたくさんです。
?
スポンサーリンク

全ての野望を叶えることは出来ないと知る

?
やりたい事はたくさんあるはずなのにそれをするだけの時間が無い。お金が有り余るほどあるわけでもなければ。自由に扱える時間が多いわけでもない。そう考えてると実際に出来ることって言うのは思ったよりも少ないです。昔の王様が最後に望むのは「永遠の命」って言うのも頷けます。どれだけ科学や医学が発展したからと言って「永遠の命」が手に入ることは有り得ません。正に神に逆らう冒涜とも言えますね。神がいたらの話ですが 。
?
スポンサーリンク

やらないことを決めてしまう

?
どちらにしても全ての夢を叶えることが無理なのであれば、本当にしたいことだけした方がいいと思う。あれもこれもじゃ中途半端になって結果的にどれも叶えていないのと同じことになる気がしますしね。
自分の中で「やる事」「やらない事」を決めることで本当にしたいことが見えてくるのではないだろうか。もちろん仕事などをしていて出来ませんってのもあると思うけど自分がしたいことを更に知ることは出来る。それでいてどんどん気持ちが強くなるようならしたいことをするべきです。
?
スポンサーリンク

大福丸的まとめ

人生って思ったよりも短いです。今では日本の平均寿命は伸びましたがそれでも80年足らずです。戦国等の動乱の時代から言えば長生きできるようになりましたが、それでも全てを手に入れることは出来ないんです。
それならば今日と言う日を、日1日を大切に生きることって大切なんじゃないかなって気がします。くすぶっている暇はありません。どちらかと言えば人生ゆっくり味わい噛み締めながらも大事だとは思うけど、少し足早に歩いた方がよりいろんなことを楽しめると私は思うわけです。
人生とは1冊の辞書です。ページ(1日)をペラペラとめくるのは簡単だけど2度と前のページ(前日)には戻れないことをお忘れなく。少し足早にページをめくればページが増えたことと同じことにもなるのではないかなって思います。

コメント