ハードカバーと文庫本のどちらを買う方がお得か?

読書をするときって言うのは本を買ったり、借りたりしなければ読むことができませんがどっちを買う方がお得感があるんでしょうね。好みや用途、本を買う人の読み方や愛着もあるので一概には言えませんが私としてはこう思うっていうのを少し書いてみようと思う。

スポンサーリンク

ハードカバーの方がかっこいい

本が好きな人ってハードカバーの方をよく買っているのではないでしょうか。これはなぜかって考えるとハードカバーの方がまず文庫より早く発売されます。文庫って言うのはハードカバーが発売されてからしばらく経ってから発売になります。そうなると、例えば今新書の本でも文庫になった時にはもう新書ではありません。発売までに半年かかったとするとその時間はその本から得ることの時間だったり知識だったりって言うのは読んだ場合と読んでない場合とでは半年もの差が出てしまいます。別にこれがダメって言うわけではないんですけど、その時間ってもったいないって私は思います。まぁ私は財布と相談の結果、場合によっては文庫も買っているので何とも言えませんが。

そして何よりハードカバーはかっこいいです。これは文庫にはないものです。どうせ持っておくならハードカバーの方が私は好きですね。

文庫本はかっこ悪い?

とは言え文庫本にもいいところはたくさんありますね。まずは持ち運びが便利ですし、単価が安いです。本棚に並べることも見やすくいっていうのが大きな特徴ではないかなって思います。ですが、文庫本を読んでいる時よりハードカバーの本を読んでいるときの方がかっこよく見えますよね。ただそれはあくまで人の目線であって読んでいる内容には違いありません。

何の為に本を買っているのか?

結局のところ何の為に本を買っているのか?ってのを考え直した方がいいのではないかなって気がします。本を買うっていうのは本を読む為であって、本を読んでいる姿を見せる為ではありません。自分の能力を高める為、知りたい知識がある、ただ単に読みたい本だった。どんな理由で本を買っているのか?って言うことを考えてみれば、人に何を思われようとも関係ありません。何より文庫本の方安かったりしますしね。

ハードカバーは著者への敬意

ただ、いくら文庫本が安いからと言っても、それだけ買うっていうのもどうなのかなとは思います。ハードカバーっていうのは文庫本より早く発売され、本のオリジナルのカバーで売られています。つまりはその著者が関わった全力の想いがハードカバーには込められています。そう考えると、ハードカバーを買うって事にも意味が出来るかもしれませんね。

しかし、値段も高いし読めたらいいやって言う人もいるのでどちらを買うのがお得かって考えると本に対する購入者の想いによって変わってくるのではないかなって気がしますね。

まとめ

おおまかな説明になってしまいましたが、まとめとしてメリット・デメリットをまとめてみました。

ハードカバーのメリット

  • 著者の全力投球の本
  • 文庫本より発売が早い
  • 読んでいる姿がかっこいい
  • 本の見た目が美しい

ハードカバーのデメリット

  • コストが高い
  • 場所をとる
  • 持ち運びが不便

文庫本のメリット

  • コストパフォーマンスがいい
  • 持ち運びやすい
  • 場所をとらない

文庫本のデメリット

  • 発売までに時間がかかる
  • 本がハードカバーに比べて美しくない

だいたいこのくらいかなって気はしますが、要するには自分の本に対する思いや用途によって変わってくるのではないでしょうか。持ち運ぶことが多い人や値段の事が気になる人は文庫本を買ったらいいですし、本に対する愛情が深い人や本棚に並べて鑑賞するのが好きな人はハードカバーを買った方がいいのかなって気がします。

ただ、私はコストが高いので文庫本を買いますが、本が好きで好きでたまらないので買えるときにはハードカバーを買うことにしています。

コメント