静音マウスはおすすめ 変えるだけでパソコンが好きになるよ

私の趣味はネットサーフィンです。なんて言うとこいつオタクか?とでも思われそうですが、声を大にして言いたい。

 

「パソコンオタク初心者」だと。

 

そうです。私はパソコンオタクなくらいパソコンが好きです。ただし、そこまでの知識があるとは残念ながら自負はしていません。

 

いろいろやってみたいなーって思いながらも、ただパソコンに向かってネットサーフィンをしている毎日です。今回マウスを購入したことによって今までのマウスはなんだったんだって思うような進化があったので少し書いてみることにする。

スポンサーリンク

マウスを変えた理由

そもそもなんでマウスを変えることになったのか、そこですよ。話せば長くなりますが簡単に言ってしまうと980円のマウスを今までは使用していました。

 

ちなみにそのマウスはパソコン屋さんで購入したBTOパソコンに最初からついていた大して性能もよくない一般的な有線マウスを使用していました。ただし、見た目はつや消しブラックで見た目自体は気に入っていたんです。

 

しかし、クリックするたびに「カチッ、カチッ」と言うではありませんか。一般的なマウスでは当然と言えば当然なんですが、夜中にこれをするとどうなるか・・・。

 

うちの奥様に怒られました。買った初日の最初からと言うわけではありません。ですが、夜中でも平気でネットサーフィンをしていたら、まーカチカチカチと音がします。その結果どうなるか。

 

ネットサーフィンをする→クリックする→怒られる→ペースダウンしてクリック→自分がイライラする→マウス購入を決意。

スポンサーリンク

どんなマウスにするか?

マウスを購入したことはなかったので、まずはどんなマウスにするのか?これで悩みました。大きく分けてマウスにもそれなりに種類があった。

  • 有線マウス
  • 無線マウス
  • ブルートゥース

少なくわけてもこのくらいはあります。

その中でどれを選ぶかと言うことになりますが、無線やブルートゥースなどが線が邪魔にならなくていいかなーなんて思っていたんですが、以前マウスを使用していた時にその時のマウスは無線だったんですが、無線マウスって電池入れないといけなかったんです。

 

まぁそれがめんどくさいのなんのって。おまけに知らないうちに電池切れてるもんだから困る困る。

 

その他にもパソコンでBIOS設定をする時には有線じゃないとダメな場合がありますよってパソコン屋の店員に言われたんで、じゃあ有線にしようかと言うことになりました。

値段の上限は・・・

私のお小遣いは月に10000円。そこを考えるとそこまで高いマウスなんて購入できるわけがありません。

お小遣いの使い道を明かす 毎月1万円でもやっていける理由
どうも大福丸です。お金についての話を少ししたい。私のお小遣いは月々に1万円です。これが多いのか少ないのかはさておきですが、一般的なサラリーマンとしては少ない方なのかもしれません。だからと言って私が不幸に見えるかと言えばどうだ...

 

おまけにタバコも吸うのでそんなに無駄遣いはできません。(タバコの方が無駄か?)と言うことで予算は3000円までとすることにしました。

 

これでもかなり頑張った金額でした。これ以上は出せないんですが失敗するわけにもいかないので、とにかく口コミを調べまくりました。

静音マウスは高い?

いろいろ調べてみると静音マウスは高いものから安いものまでピンキリでした。安いものだと1000円くらいからあって高いものだと10000円はするではないか。

 

つまりはコンスタントに5000円前後のものが多い。これはピンチってことでamazonを覗いてみた。

 

やっぱり高い。いくつかお手頃価格のものもあったけどそうでないのも。

 

さてどうするか。

スポンサーリンク

最強のマウスを発見

amazonやネットをひたすら調べていくうちにあるマウスを見つけた。

 

静音マウスで値段も手頃ではないか。

 

しかし、近くの家電量販店には売っていなかったので一発勝負なるが、この際、値段はそこまで私の財布にダメージはないから買ってしまおうと考える。

スポンサーリンク

マウスの感想

これを買いました。

まずは感想ですが最高だ。

まるで知らない世界を見たようだ。なんて静かなんだ。

 

こんな快適なパソコンライフが送れるとは。このマウスの特徴ですが、ザックリ言ってしまうとこんな感じだ。

  1. 静音マウスの為クリックの際に音が小さい(ポコって感じの音)
  2. ボタンが5つ(左・右・スクロール・進む・戻る)
  3. 手になじみやすいフィット感

個体差が大きいとのレビューもあったんですが、私の場合は大当たりでした。

値段も私が購入したときには1200円程度で購入できたので大変リーズナブルでした。

 

今は少し値段が上がっているようですが、おすすめできる商品ではないかと思います。

特に右手親指あたりにあたる「進む・戻るボタン」は感動ですね。これだけでどれほどネットサーフィンやパソコン事務が楽になったかは計り知れません。

 

レビューだけを参考にするとダメだったとか、よかったとかいろいろありますけど、実際使った方がいいです。

 

使ってみないとわからない部分って結構ありますよね。そして私の場合素晴らしかった。3年以上は購入してから経ちますけど、今だに現役で不具合なしです。

スポンサーリンク

まとめ

何か商品を買うっていうのは難しいですね。

特にネットで購入って言うのは見えませんし文句を言う相手もいません。完全な自己判断で購入する必要があります。

 

それでも自宅にいながら商品を買うことが出来ると言うのはありがたい話ですね。

今回購入したのはマウスでしたが、マウスを買ったばかりに今度はキーボードが欲しくなりましたね。

 

マウスの音が気にならなくなった分、キーボードの打ち込みがものすごく気になるようになりました。そう考えると一長一短ありますね。

 

とは言え、パソコン作業のイライラがなくなって快適さが今までとは異常なくらいに快適で以前より好きになったのは私としてはありがたい話でしたね。

コメント