大切なものは取捨選択 運命のパートナーを探す

30代ともなると、そこそこに忙しくなってきます。友人との飲み会や会社の飲み会などがメインだった20代のころとはうって変わっています。

 

だからどうしたと言うことになるんですけど、周りの人たちは結婚したり子供がいたりなど、自分だけでなく身の回りにも変化が訪れます。

 

そうなってくるとどうしても、会う人は限られてきます。俗に言う大人になったら友達が減るというやつです。

スポンサーリンク

取捨選択

大人になれば、自分にとってあう人とそうでない人とわかれてきます。自分の中で無意識か意識的にか、取捨選択しています。

これが悪いことかどうかと考えたときに、正直友達が減ったかなーって思うので少し悲しい気もします。

 

しかし、よくよく考えてみると本当に友達だったのかなって思ったりもします。

仲がいい人であれば、年を重ねても忙しくなっても少なくとも1年に1回は会うような気がします。

1年に1回が難しい場合もあるかもしれませんが、お互いの事情もあります。

今目の前にいない友達や会うことのなくなった友達と言うのは、自分にとってはそこまで深い仲ではなかったと思わざるを得ません。

どちらかでも歩み寄れば会うこともありますが、それもないというのはそういうことでしょう。

決して仲が悪いわけではないですし、会えば話もするでしょう。しかし、そこで交わされる言葉は「またご飯でも」と言う社交辞令ではないかと思う。

スポンサーリンク

多ければいいわけではない、1本の矢が勝ることも

友人が多いことに越したことはないと思います。一緒に遊んだり何かと楽しいので。しかし、多ければそれでいいのかと考えるとそれも違います。

 

いくら友達が多くても、本心でしゃべれる人がその中に何人いるだろうか。恐らく数少ないのではないかと思う。

 

たったひとりの親友がいれば、他のすべてを敵に回しても怖くないと思えることもあるのではないだろうか。1人だけでも自分の最強の味方がいれば。

 

10本の矢が1本の矢に負けるとは限らないはず。もしかしたらその1本は鉄の矢かもしれませんしね。

 

もしも今あなたに大事な人がいるのなら大切にした方がいい。相手も自分を大切と感じてくれているのであればなおさらです。

 

相手があなたのことを大切に扱ってくれないのであれば、その人はあなたの運命の人ではない。

 

ただ1人でいい。運命の相手を見つけよう。友人で一人。恋人で一人。それで十分だ。他に仲間がいれば申し分ないが十分だ。

 

運命のパートナーは親友と妻ではないか。他に何人いてもその二人にはかなわない。

 

まだ見つけることが出来ていなければ探そう。必ずあなたの味方になってくれる人がいるはずだから。

スポンサーリンク

最高なヤツ

本当に最高なヤツはあなたにとって利益を生み出してくれるやつではない。もちろんやたら美人で性格が良くて料理が出来て笑顔が好きな人でもない。

お金持ちでもない。

 

本当に最高なヤツはあなたのことを本気で叱ってくれる人だ。あなたの間違いを間違いと言い人の痛みを自分のことのように感じれる人だ。

 

最高なヤツはあなたの苦しみを自分のことのように共に苦しんでくれる人だ。こんなヤツを見つけたら、こんな世の中でも少しは楽しめるような気がしないかい?

コメント