コンフォート原則 お金の使いどころを間違えないために

どうも大福丸です。お金と向き合い続けて早数年。生きていく中で健康とお金は切っても切れないつながりです。

私の寿命が何歳なのかはわかりませんけど、これからよっぽどのことをするか、起こらない限りは平凡に暮らしていくでしょう。

 

そう考えると、この先セレブのような生活をすることもなければ、ポルシェやベンツを乗りまわしたり、豪遊生活を送るってことはありません。

 

 

自分の未来をここで決めてしまうのはよくありませんが、夢を見ないとすればそうなんでしょうね。

スポンサーリンク

 生涯賃金はいくら?

 男性の生涯賃金は大卒でおおよそ2億5千万。高卒で2億。中卒で1億5千万と言われています。実際にはこの中から税金をひかれるので30%カットといった金額になりますが、そこそこの金額になります。

 

 充分に何も買わなければ家でも建てられる額はあります。

金額は働いている仕事によっても違いますし、年代によっても変わってくるでしょうけど、大まかにこのくらいです。

  

よほど副業をするだとか、宝くじを当てるなどのことがない限りは、定年まで働いてこのくらいになるんですが、そう考えると「何にお金を使うか」考えておかないと将来大変ですね。

スポンサーリンク

 お金の使いどころ

生きていれば、食事もしないといけませんし、衣服や住むところも必要です。ケチって生活することもできるでしょうけど、成長につれて必ず必要になってくるものです。

  

お金の使いどころとしては他にどんなものが必要か?と考えると、移動に伴うお金、趣味、仕事に関するものなど様々です。

どれもフルでいいものを使おうとすればたちまちお金はなくなってしまいますし、無理というもの。

では、どんなものにお金をかければ幸せに生活することが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

コンフォート原則に当てはめてみる

 コンフォート原則とは、「毎日長時間使うものにお金をかけたほうが人生の満足度が高くなるという理論」です。

つまりどういうことかというと、私のように仕事以外はほとんど家で過ごすような人には、家で快適安楽に過ごせるにはどんなものが必要で、どこにお金をかければ今より幸せか?を考えればいいことになります。

 

 例えば、毎日パソコンの前にいる私にとってみれば、座り心地のいい腰やお尻が痛くならない椅子や高性能のパソコンやマウス・キーボードとかになります。

スマートフォンなんかも当てはまりますけど、スマートフォンはそこそこでも十分に楽しめますので、パソコンがメインになりそうです。

  

服に興味のない私の場合は服にはそこまでお金をかける意味はありません。とはいえ、必要最低限のものはいります。しかしそれ以上は必要ありません。

 

簡潔に言ってしまうと、毎日絶対に使うものは、安物買いの銭失いにならないためにもいいものを買っておこうというもの。それは贅沢ではなく必要経費と考えます。

 買い物をするときに考える

よし、じゃあ私は車が大好きだから、高い車を今すぐに買おうというのではなく、あくまで買い替えのタイミングを待ちます。その時にコンフォート原則にあてはめて買い物をします。

 

ここで大事なのが単なる贅沢にならないようにすることです。高価だからと言って、車を買う際にいらない機能を付けてみたり、絶対に使うこともないものを買ったりっていうのは単なる贅沢です。

 

必要なものを必要なだけ買います。買うものが本当に必要で毎日絶対に使うものでしたら多少の値がはっても大事にするでしょうし、必要なものですから損はしません。

定期的にしか使わないもの

 1年に1回しか使わないとか、季節ものを買う時なんかが一番困ります。

ここで考えたいのは、「本当に必要かどうか?」です。必要なければ買わない方がいいです。必要だとしても、年に数回しか使わないものであれば、そこまで高価なものである必要性は低いでしょう。

  

しかしながら、礼服などのスーツなどはいつ着るかわからないので、私の場合はそこそこのものを買うようにはしています。

 欲は無限大

欲しいものを上げれば恐らくたくさん出てきます。ただ、それを必要とはしていないから欲しいとは思いませんし、買いません。

本当に納得いくものしか欲しくありませんし、ものが増えるとそれだけ生活が窮屈になりますし、何よりモノを探す時間が増えます。

 

 いかに管理されていようともすぐに出せる状況にないものや、日々使っていないモノばかりにあふれて生活していたのでは、すぐに出したいときに出てきませんしね。

  

勘違いしてほしくないのは、高いものを買えばいいということではありません。20万円のパソコンを買えば満足できるかと言えばそんなこともないように、15万円でも満足できる機能がついていればそれでいいのです。

  

大事なのは必要なだけ手に入れるということです。

スポンサーリンク

  私が毎日絶対に使うもの

 私自身が長時間使うもので必要なものとしては、財布、プライベートカバン、パソコン、パソコンチェアくらいです。

  

車も持っていますが、とりあえず乗ることが出来て荷物が積めて壊れていなければ問題ありません。ですが、車は新車で買うものと決めているので新車以外は買いません。

 

それ以外はほとんど必要としません。趣味的なものは多々ありますが、毎日ではないので、そこまでいいものを持つことはありません。

スポンサーリンク

  満足度を上げて生活を豊かに

 コンフォート原則を用いて、購入するものを選別して自分自身の満足度を上げることは結果として、無駄なものを購入することもなくなりますし、必要なものだけが周りにそろっていきます。

 

 嫌いなものを周りに置くことがない分、自分の身の回りには自分だけの最強の仲間たちがいます。気持ち的にも安定しますし、それだけでモチベーションも上がります。

 

 コンフォート原則を使用することで人生の満足度を上げることと同時に、買い物のテクニックとしても流用です。

 

快適に生活をするためには、身の回りのモノを整えることはとても重要です。お金の使いどころに悩むことがあれば試してみてはいかがでしょうか。

コメント