忙しいのは行動の結果 経験と時間の使い方でカバーする

忙しいと思ったらダメなんだろうけど 本当に忙しい 。

ただ忙しいのは自分が招いた種。

 

誰かに言われて忙しくなったわけではない。

 

そうそう忙しいと思うことが 間違い 忙しいんじゃなくて勝手に自分で忙しいようにしている 自分の行動次第で帰れることもあります。

 

スポンサーリンク

忙しいのは行動の結果

いつもしている行動でムダなことはないだろうか

 

一見自分にとっては必要だと思っていても 他の人から見れば そんなことに時間使ってるのと言われることはないだろうか ゲームやテレビ、無駄なスマホ時間などはまさにその代表的なものです、

 

 

本当に忙しかったら そんなことをしている暇はないはず しかしできる余裕があるのであれば 忙しくないのではないのでしょうか

 

 

自分の普段の行動で 知らず知らずのうちに忙しくしている。

 

そんなことはないでしょうか。

スポンサーリンク

忙しさは自分で作るもの

行動によって 忙しいと感じるかどうかは変わってきます よく考えて行動すれば 実は何てことないってこともあるのではないでしょうか

 

 

忙しいとは 人から見ていうものではなく自分で感じとるものだからこそ自分の考え方を変えれば 忙しいとは思わないはずです

 

忙しさは経験でカバー

何の経験もないまま家を建てようと思ったら おそらく家を建てるのはずいぶん時間がかかりますね 。

 

しかし大工として仕事をしていたら、家を建てることは素人が建てる以上にクオリティも高くなりますし時間も違います。

つまり、今自分がしていることが難しいとか時間がかかると思っているのであれば経験不足の可能性があります。そんなことを言っても経験できていないのだから仕方がない。そう言われ るとは思いますが 経験値を高めるのは 実際に動く以外の方法もあるはずです。

 

 

  • 人に聞く本を読む
  • ネットで調べる
  • 自分で経験値を高める

 

方法があるにも関わらずしないのは、自らで忙しくさせていることになります。

経験値を高めることは簡単ではありませんが、行動を変えると何もしない時以上に成長できることは言うまでもありません

スポンサーリンク

忙しい時こそしたいこと

忙しくなってくると 普段娯楽でしていることばかりをするようになります。私の場合 スマホゲームやテレビ鑑賞などです。

全くもって生産性はありませんが、やる気にならなくて 同じことばかりしてしまいます。

 

しかし、忙しい時にこそなるべくしようと心がけていることもあります。

それが読書です。今の経験値が足りないからか、忙しく感じてしまっているのであれば、経験値を高めることで忙しくならないようにすることもできます。

 

何かの知識を得ないから 忙しくなっているのであって新たな知識を得て自分の力に変えることで忙しさは半減します。

 

知識を得ることで 考え方や行動が変わるためです。

 

スポンサーリンク

時間は生み出すもの

忙しく感じるからこそ時間がないと思ってしまうのですが、実は時間はかなりあります。

こうしてブログを書くことも出来ますし、ゲームをすることもテレビを見ることもできます。 昼寝もしています。

 

本当に忙しければ そんなことをやっている暇はないはずですが生活の中でだらっとした時間ができるということはそこまでの忙しさではないのではないかと思います。

 

 

時間は24時間しかありませんが、使い方を変えるだけで時間は増えたように感じることが出来ます。

現実には時間は増えませんが、必要ないことをやめることで時間を生み出すことは可能です。

 

どれだけの時間があっても、役に立たないこと、今後の自分の人生に必要のないことばかり続けていたのでは時間は足りません。

 

待っていても時間は空きません。

時間は空けるものです。

時間を見出すのは自分の行動 次第です。

スポンサーリンク

まとめ

忙しくてもこうしてブログを書くことはできています。

 

そしてブログを書くことで心の安定が図れています。自分の普段しているゲームやテレビなどを少し減らすだけで時間は開けることができました。

頭の中を整理する上でブログがとても有用です。ゲームをやめるだけでブログを書くことができるというのは、私にとってはありがたいことです。

 

忙しいを言い訳に何もしないのは、ただの逃げです。

 

忙しいからこそやりたいことをやることはとても大事ではないでしょうか。

やりたいことをするためには、どうすればできるか、どうすれば時間を空けることができるのかを 考えて行動することで今の忙しさは、忙しさではなく充実に変わるのではないでしょうか。