たばこを吸うことのメリットはないか必死で考える

たばこを吸い始めて、もう10数年が経ちます。禁煙はいまのところできていませんが、いつかは必ずします。

禁煙しようとしたら失敗したけど諦めないで必ずやめる
どうも大福丸です。先日禁煙に失敗しました。 どうしてもこのことを伝えたくて書くことにしました。はっきり言って懺悔の気持ちで書いています。いつになったら私はたばことさよなら出来るのだろう。禁煙失敗するたびに心は堕ちていき、そして火をつけて煙...

話はそれましたが、いろんなところでタバコは「悪いもの」「体にとって害のあるもの」

という印象があります。

しかし、本当にそうなのでしょうか。

もしかしたらタバコを吸っていることのメリットもあるのではないかと必死で考えてみました。

スポンサーリンク

タバコミュニケーション

たばこを吸っていると、喫煙所で喫煙者だけのコミュニケーションがあります。

わたしも実際にあったんですけど、喫煙室での雑談が仕事に役に立ったことがあります。

なぜかわかりませんが、社会的に不利な喫煙者は喫煙者同士で結束ができます。

普段仲のいい人とか、悪い人とか関係なくタバコは平等です。

 

喫煙所では仲良く(実際に仲がいいわけではない)たばこを吸います。

しかし、近年では喫煙所は減りつつありますし、タバコを吸っているから仕事がうまくいったというものではありませんね。

スポンサーリンク

気分が高まる

喫煙者だけに言えることですが、精神力がアップします。喫煙者はタバコを吸った時にだけ、非喫煙者と同じ状態になります。

つまり、喫煙者のパワーアップアイテムになります。

脳を覚醒させる効果もあるので、喫煙者がたばこを吸わないと「眠たくなる」とか「いらいらする」のはたばこのためです。

とはいえ、非喫煙者にとっては全く関係ありません。

非喫煙者はいつでもパフォーマンス全開で活動することができます。しかし、喫煙者はタバコを吸った時だけです。

喫煙者は非喫煙者にくらべてハンディキャップを背負っているのはいうまでもありませんね。

スポンサーリンク

税金を余計に支払っている

お国のために喫煙者は、吸わない人より余計に税金を支払っています。通常ですと、何かを購入した際には、消費税とモノの代金を支払います。

 

しかし、タバコの場合は違うのです。

タバコの金額の内訳は国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税があります。

すごいですね。税金ばっかりです。

たばこが500円だとすると、半分以上は税金ということになります。わたしのように低所得のサラリーマンでも高所得者なみに税金を支払っていることになります。

お国のために、たくさん税金を払ってくれるなんて素晴らしい。

スポンサーリンク

定期的なひとりの時間

わたしの場合ですが、家でたばこを吸う場合は外で吸っています。家のなかで喫煙しようものなら、確実に怒られます。

で、家の外で吸っているわけなんですけど、我が家ではたばこを吸うのはわたしだけです。そのため、必然的にたばこを吸う間はひとりの時間です。

と言っても、5分ほどですが。

1日の中でひとりになれる時間が多いのは嬉しいです。家族と過ごしたくないわけではありませんが、「男にとって」ひとりの時間は必要です。

タバコ吸っているだけなんですけどね。

会社で吸うときなんかは定期的にサボる時間となってしまいますが。喫煙者の煙草休憩が問題でネットニュースに出てましたね。

なぜ、喫煙者は休憩ばかりしているのか?と。

 

考えてみれば、そのとおりですね。実際にたばこを吸うだけにおさまらず、スマホをつついたり、話をしたりして、実際の仕事時間は減っていくわけですから。

言われても仕方のないところ。

スポンサーリンク

デメリットは・・・

考えるまでもなく、デメリットはたくさんありますね。

  • 臭い
  • 煙がうっとうしい
  • お金が減る
  • 貯金ができない
  • 歯や健康を損なう
  • 部屋にヤニがついて黄ばむ
  • うつ病になりやすい
  • がんになりやくなる

あげだしたらきりがないですけど、その他にもたくさんありますね。

何より健康を損なうのが一番問題かもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

たばこを吸うメリットと、デメリットを少しだけ書いてみましたけど、こうして整理して考えると、吸っていていいことって本当にないというのがよくわかりますね。

喫煙者のわたしがいうのも変な話ですけど、喫煙をするということにメリットはほぼ感じられません。

たばこ吸っていることのメリットってそこまでないです。若い時ならかっこよく見える?くらいでしょか。

吸わなかったことのメリットと比べたとしても、圧倒的に吸わないほうがいいです。

わかっていても、なかなかやめれないのがたばこの恐ろしいところ。

とはいえ、たばこのことをひたすらに考えることで、禁煙への一歩となるように頑張りたいですね。