仕事でベテランと自覚したら初心にかえってみる

10数年も同じ会社で働いていると、いわゆるベテランって呼ばれる存在になってきます。

かくいう私も、かれこれ10年以上は同じ会社で働いているので、業界としても会社としてもベテランと呼ばれるようになってきました。

ただ、働いていると思うのが

「ベテランって何よ?」

ってこと。

長く勤めていればベテランと呼ばれるのであれば、ほとんどの人がベテランになっちゃいます。

会社を辞める人が少ない会社だとしたらベテランだらけになります。

本当に長く働くことが正義と呼べるのか?少し掘り下げてみることにしてみた。

スポンサーリンク

ベテランは危険因子

自分でも働いていて思うんだけど、ベテランって危険です。

長く働いているからなのか、けっこうやりたい放題出来てしまいます。

会社としてのコンプライアンスに遵守することは守らないといけませんが、新人だったら当然怒られるようなことでも、「ベテラン」がすると怒られないし、怒る人もいなかったりします。

怒る人もいなくなってくると本当に最悪です。

いいことも悪いこともなくなってきます。

そもそもここで言う、ベテランとは長く働いた人と考えていますが、間違った考え方(周りが見て)を持った方だった場合、誰も注意も出来ないし、白が黒になることもあり得ます。

長く働いているからこそ許されてしまうことが必ずあります。

そう考えるとかなり危険なことですよね。

間違っていても、誰も正すことも出来ず、そのまま突き進んでしまうんですから。

こうなってくると、会社は破滅の道に一直線です。

長く働くことは素晴らしい

そうはいっても、ベテランがいなければ会社としては機能しないので、ある程度のベテラン職員は必要です。

世間的に見ても、長く働くことは素晴らしいという風潮は未だ消えません。

すぐにやめてしまうような人は、

「根性がない」

「最近の若いものは」

なんか言われたりします。

正しくもないけど、あながち間違ってもいませんね。

わたし個人的な意見としては、長く働くことは大事かなって思います。

職を転々とするのが悪いとは言えませんけど、もう少し何かできたのではないか?とも思ってしまいます。

 

そうはいっても、上司と明らかに合わないとか、会社の理念に全く共感できないだとか、ハラスメントがあったとか、他にやりたい仕事があったとかであれば、しょうがないかなって思います。

給料があまりにも低いとかね。

ベテランは忘れる

わたし自身も、一時やばいかもと思った時期がありました。

というのも、当たり前に出来ていたことを一切していないのではないかと気づいたのです。

感謝・挨拶・謝罪。

社会人としては当然できなければいけないことです。

とあるきっかけで、じぶんの傲慢さに気づくことが出来たので、軌道修正できたのですが、あのまま変わることが出来ていないと考えたら恐ろしいです。

当たり前に出来ていたこともベテランになると、忘れてしまいがちです。

新人の時には出来ていたのに、長く同じところにいると慣れてしまうんですね。

なーなーの関係というのが正しいかどうかはわかりませんけど、自分を見失ってしまうこともあります。

早い段階で気づけばいいですけど、周りが伝えてくれなけば気付かないこともあるし、気付けない人もいますね。

スポンサーリンク

長く働けばいいわけではない

勘違いしてほしくないんだけど、長く働くことは素晴らしいといいました。

しかし、長く働けばいいというものではないと思います。

長く働いたからベテランになれるわけではないですしね。

もちろん一般的には、長く働けばベテランと呼ばれてしまうんですけど、そうではないかな。

どれだけ、真摯に仕事に向き合ってきたかが重要じゃないかなって思う。

 

どれだけの時間を会社で過ごしたとしても、会社で働いたことの内容が薄ければ「ただ、長く働いただけ」です。

会社での貢献度もそうですけど、深く仕事に関わることができたかが大事じゃないかな。

例え、経験年数は短くても仕事に深く付き合って貢献もしていたのであれば、長く働いただけの人よりよっぽどベテランだと思うし、会社としても人間としても素晴らしい存在になりますよね。

 

まぁそういう人は、もっといい場所を目指して、会社を去っていくんですけどね。優秀な人ほどチャンスをうかがって会社を去っていきますね。

スポンサーリンク

ベテランと思われるようになったら自分を振り返る

多くの場合、「最近の若い人はダメだ」「自分たちが若い時にはもっと頑張っていた」とか、決め台詞みたいなものがあります。

誰でも過去の栄光にすがりたいもので、武勇伝を語りたいものです。

だいたい、武勇伝を語る人は停滞していますが。

さておき、若い人は先輩からすれば経験値はすくないです。

年配の方の方があらゆる面での経験値は多いです。

ですが、仕事でもそうかと言えば話は変わってきます。

先にも挙げたように、「どれだけ深く真剣に真摯に仕事に向き合ってきたか」が重要になってきます。

 

若いとか若くないとかそういった次元の話ではありません。

長く勤めているお局様が幅を利かせている会社は今もなおありますけど、本当にそれでいいのか?と考えてみると、そうではないですよね。

一緒に働けばわかることですけど、「この人は真剣に仕事をしてきたんだな」「この人は長く働いたんだな」という圧倒的な違いはすぐにわかります。

 

つまり、じぶんがベテランと呼ばれるようになったということは、若い人や新人にも同じような目で見られているということです。

時々でいいので、今のじぶんは仕事と向き合うことが出来ているか振り返ってみるといいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

ひとは長く同じ会社で働いて後輩が入ってくると、肩書があってもなくてもじぶんが急に偉くなったように錯覚を起こしてしまいます。

じぶんに何か変化があったわけではありません。肩書がついたわけでもありませんし、

ただ、後輩が入ったというだけです。

不思議な優越感にかられて、じぶん本位になったり、人の意見を聞けなくなったりしてしまいます。

新人のときに出来ていたことが当たり前に出来なくなってしまいます。

 

同じ会社に長いこといるあなたがそうでないことを祈ります。そうはいっても、じぶんが間違いに気づいて経験して、学ぶことができます。

たまには前ばかり見るのをやめて歩いてきた道を振り返ってみることも大事かなって思うのです。