古いノートPCをSSD換装して復活させてみた

以前の記事で書きましたけど、ようやくSSDを購入しました。

買うまでに長かった。このまま買うことはないんじゃないかなって少し思っていましたけど、買ってよかった。

古いノートパソコンを無事にHDD(ハードディスク)からSSDに換装できたので、とりあえずは古いノートPCを改造するのはここまでかな。

スポンサーリンク

SSDのスペック

そこまでいいものではないけれど、安くて2.3年持てばいいかなって気持ちで買いました。

というのもメインPCではないし、確実に長く使うものという予定もなかったしね。

最悪の場合は、ノートパソコンを購入することになったんだろうし、そこそこで十分でした。

クルーシャル ssdレビュー 中古ノート用に買ってみた
古いノートパソコンは使い道がある人にはあるけど、ない人にありません。ただ、使いようによっては十分に使い道はありますし、自分のパソコン知識をアップさせる目的でも活用できます。わたしは、2台持ちですのでメインとサブで使い分けていますが、や...

 

スポンサーリンク

HDDの取り外し

まずは、HDDを取り外さないことには話になりません。

ほんとは、精密機械だから、手袋とかした方がいいんだろうけど、ないので素手でやりました。

ということで、ノートPCの裏にある小さなプラスネジをひたすら外します。その数なんと10個をゆうに超えていました。

このあたりで早々に心が折れそうになったんだけど、もうSSD買っているし頑張る。

そういえば、今回のノートはメモリーも増設した経緯があったので、メモリーを付け替えるときも面倒だったことを思い出す。

ノートPCの中身

ノートPCの裏のカバーを外すとこんな感じ。

けっこうな機械が詰め込まれている。だいたいどこがどういう構造なのかは勉強済みなので、そこまで焦ることなく作業に移る。

で、裏のカバーを外す時に気を付けたことは以下の通り。

  • ねじをなくさないように
  • コンセントは抜いておく
  • ついでにバッテリーも外す。

写真の右下にあるのがHDD。とりあえずパソコンからHDDケースを外すには3つのねじだけだったので、外す。

HDD→SSDへ換装

無事にHDDを外したわけなんだけど、HDDケースにはねじが4つついてた。左右対称に写真のような感じで。

とりあえずプラス精密ドライバーでこつこつと外す。

特に困ることなく、SSDもポンと乗せて写真のような状態に収まる。

動作確認

とりあえず付け替えも無事に終わったので、SSDをノートパソコンにしまい込んで、パソコンカバーをもとに戻してと作業を終える。

問題はここからで、ちゃんとパソコンとして機能するかどうかだ。

OSのコピーは今回は行っていないので、とりあえず、BIOSを起動させるため、電源を入れてみる。

ちゃんと動いた!!

HDDのところがSSDに変更されているため、とりあえず認識はされている様子。

スポンサーリンク

OSをぶち込む

無事に換装も終わったので、動くことは確認できた。

ということで、OSを入れていくことにした。とりあえずは、クラウドレディのUSBがまだ残っていたので、それを入れてみる。

CloudReadyで古いvistaパソコンをChromebookにしてみた
知人から頂いた古いノートパソコンの使い道を考える日々でしたが、とりあえずまずは行動を起こしてみることにしました。ネットにつながないノートパソコンとして仕事専用機にしようかとは思っていたんですけど、何をするにもとにかく遅い。スペックと...

以前の記事で書いたんだけど、やり方としてはとりあえずUSB差し込んでBIOSの設定で、USBからOSを読み込むようにするだけだったので、やってみると実はそこまで難易度は高くなかった。

前にやっていたしね。

次回はOSコピーもやっていきたいところだけど、しばらく先になりそうです。

SSDの感想は

実際に使ってみた感想としては、HDDのときとは比べ物にならないくらの爆速感だった。

とはいえ、CPU自体は古いものだし、性能がいいとはお世辞には言えないもの。

10年以上も前のパソコンだしね。

にもかかわらず起動も使ってみた速度も遅くてイライラしまくる感じではなかった。

古いパソコンでもSSDにすることで、生まれ変わることは十分できるし、長く使えることが出来ます。

もうダメかもと思ったパソコンでも少しの投資と勉強で十分に復活はしました。

メモリーも変えてSSDにも変えた私だからいえるのですが、もしもCPUがもっとよければと考えてしまいますね。

サブとしての機能がアップ

メインパソコンと比べると、性能差は否めないけど、そこまで苦も無く使えるかな。

ただ、OSがMicrosoftではないので、WordやExcelなどの基本動作はメインを使ったり、グーグルドキュメントを使わないといけないというだけ。それ以外は何の問題もない。

あくまでサブPCなので、リスクヘッジにもなるし2台持ちのわたしとしては今回のSSD換装は成功だった。

パソコンの2台持ちは便利そのもの 使い分けて作業効率アップ
パソコンなんて1台あれば十分と思っていませんか。2台あればさらに作業効率が上がります。便利さは1台のとき以上で2台持ちしてよかったと思いますよ。使い分けることで、作業の幅は広がります。
スポンサーリンク

まとめ

SSDに変更するだけでもかなり進化するので、中古のパソコンや古いパソコンがある人はやってみてはどうだろうか。

2台持ちも悪くはないし、最悪メインPCのSSDが壊れた時には今回購入したSSDを換装させることも出来るしね。

SSDにするうえでの注意点はこんな感じ

  • 精密ドライバーは必須
  • 1度はネットで方法を見ておく
  • 自分のパソコンにあうSSDを買う

そこまで難易度は高くないので壊れてもいいパソコンとかあったらチャレンジもありですね。