ファイルボックス収納はニトリと無印を使い分ける

どうも大福丸です。

書類を整理していると、ファイルスタンドが必要になるときがあります。

きれいに書類を片付けたいときとかに必要だなーって思います。

あと種類別に分けたいときとかね。

思ってはいたんですけど、そこまで意識していませんでした。

なくてもなんとなるものではありますしね。

ですが、使ってみるとけっこう使いやすいし便利でした。

どうせ使っていても大したことはないだろうくらいに勝手に低評価でしたが、使ってみると便利そのもの。

100円均一のものだと、書類を入れると数が少ないと倒れてしまうので、ニトリと無印を使うことにしていました。

ニトリも無印も見た感じは同じようなものですけど、使ってみるとけっこう違います。

何よりまずはサイズが違います。

そこで入れるモノに応じて使い分けをしてみると更に便利になりました。

スポンサーリンク

場所に合わせて両方使う

基本は両方使います。

用途に合わせて使います。使う場所は本棚のみならず、キッチンや洗面所など様々です。

あえて使い方を分けることで使い道がはっきりします。

ファイルスタンドタイプなのか、ファイルケースタイプなのかで用途も変わってきます。

先にも書きましたが、実はサイズが違います。見た感じは同じように見えるんですけど、微妙にサイズが違います。

  • ニトリ:幅10cm×奥行き31.5cm×高さ24cm

  • 無印良品:幅10cm×奥行き32cm×高さ24cm

並べてみてもわかりますが、ファイルボックスとして使うものでも、くぼみがあったりと若干の違いがあります。

色はニトリの方が少し明るいイメージ。

値段は、やっぱりお値段以上ニトリさん。

ですが、トータルの性能は無印に軍配が上がるかな。

ニトリ製品を使うところ

ニトリの製品の方が、少し小さいということは使ってみるとよくわかりました。

A4のファイルとかを入れるまっすぐに入らない。何より一番気に入らなかったのはA4のクリアファイルが入らなかったこと。

ということで、ニトリの製品は書類を入れるには向いていないという判断になりました。

とは言え、もう買ってしまったので使い道を考えることになります。

キッチン下の収納に立てておいたり、洗面所の下の隙間に立てて入れることで洗剤のストックや掃除用品をまとめておくことに成功です。

ついでに倉庫なんかに置いてみたりして、ふだんは使っていないけど、捨てるわけにはいかないものなんかを収納しています。

おねだん以上ニトリさん、なかなかやりますね。

値段的にも、ニトリの方が300円くらい安いです。

ニトリの三徳包丁がおすすめ!万能だけど唯一の弱点
ニトリの三徳包丁に興味を持っていますか。コスパはいいのに機能性も抜群。長い期間使っても切れ味が落ちにくいので使用感最強でおすすめです。ただし、万能なニトリの包丁にも唯一おすすめできない弱点があります。

無印良品の製品を使うところ

結局のところ無印はよく考えた商品が多い。

しかもニトリと同じくシンプルなのでどこにでも使いやすいです。

で、無印のファイルスタンド(ケース)の使い道はスタンダードなもの。

本棚にファイルなどを収納するために使っています。

しかし、それだけではない。説明書などふだんはあまり見ることもないものも、ファイルスタンド(ケース)に収納して倉庫にしまうことで、説明書とか保証書がどこにいったかなと探すこともなくなりました。

ファイルスタンドにテープで名前なんか貼っておけば外から見ても何が入っているかはわかるしね。

スポンサーリンク

まとめ

我が家では両方を活用しています。

どちらが優秀ということはありませんが、収納に関してはニトリ。

書類などに関しては無印を使用しています。

大事なのは住んでいる人がどうやったら使いやすく住みやすく生活が出来るのかということ。

なおかつ何がどこにあるのかがすぐに把握できることが重要です。

目に見てすぐわかるし、見た目も美しいです。

そこまで高いものではないですし、いろんな使い方が出来るので、買って正解だったかなと思います。