福祉施設でコロナが流行ったらどう対応するべきか

どうも大福丸です。

介護施設で働いているわたしですので、どうしても気になるのが感染症です。

もしもコロナウイルスなどの感染症が働いている施設で出た場合どうするべきなのでしょうか。

ショートステイは?

特養の入所者は?

デイサービスは?

管理者でもないわたしが考えるのは変なんですけど、介護職員としてどうするのがいいのかは考えておいた方がいいのではないかと思います。

感染症はコロナウイルスだけでなく、インフルエンザなどもありますしね。

スポンサーリンク

感染症が蔓延しないための策を考える

まずは、感染症が発生したという事実は変えることが出来ないので、発症者が出た場合には諦めましょう。

特にコロナウイルスやインフルエンザは感染力も強いのでなる可能性はあります。

そして流行るときは流行ります。

で、次に考えないといけないのは、誰が発症したか、原因はどこかと犯人捜しをするのではなく、これからどうするのかということです。

よくあるのが、誰がなったからどうとか話になりがちですが、発生源の特定は重要なことですし、考えることではありますが、まずはこれ以上広がらないようにどうするべきかということが大事です。

発症者の対応

基本的には、発症者は個室隔離となります。

個室対応とするのは、あくまでこれ以上感染者を増やさないためです。

出来れば関わる職員も分けたいところですけど、現実問題難しいところです。

施設の方針

とにもかくにも施設内で蔓延は避けなければいけません。

ショートステイの受け入れも最低限にする必要がありますし、面会はなくしたほうがいいです。

デイサービスが閉鎖になるのは併設施設の場合や、単独施設の場合で変わっては来ますが、状況に応じて考えないといけませんよね。

業者なども必要最小限の出入りにしたほうがいいですよね。

職員の対応

先にも挙げたように発症者が1人であればいいですけど、発症者が複数の場合は複数の職員が関わることになるので、どうしても感染者が増える可能性もあります。

発症者が多ければ多いほど蔓延のリスクは高くなっていきます。

ですが、1人だけの場合は関わる人数を減らすことで感染者を減らすことができるかもしれません。

罹患者と関わる職員の待遇

罹患している人と関わる職員はそれ相応に考えてあげる必要があります。

特にコロナウイルスに関して言えば、気を付けていても罹患し亡くなってしまう可能性があります。

それだけの危険が十分にあるということです。

夜勤などで対応に当たった場合は抵抗力も体力も落ちた状態となるので考えなければいけません。

お金ですべて解決できるとは思いませんが、少しばかりでも手当を出すなど待遇を考えないといけないのではないかと思ってしまいます。

だって誰も好き好んで、感染リスク高い人と関わったりたくないでしょう。

福祉施設は感染が広がりやすい

障碍者施設でも高齢者施設でもそうですが、福祉施設は抵抗力の低い人や認知機能の低い人が多いです。

こちらの意図していることが分かる方ばかりはありませんし、認知症などがあればなおさらです。

そのため、職員がいかに気を付けても感染が広がる可能性は高くなります。

小学校などの小さい子供がいるところも広がりやすくなります。

だからこそ、どうやって感染を防ぐかが重要になってきます。

なお、職員が感染媒体となってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

また、面会者は絶対に謝絶しないといけませんね。

じぶん本位の行動で広がると考える

誰しも予定があれば出かけたくなくても、出かけないといけないこともあります。

ですが、感染症が流行っているときには不必要に出かけることは得策とは言えません。じぶんの身勝手の行動で家族だけでなく他人にまで被害が及びます。

一人ひとりが考えて行動しないことには、感染はあっという間に広がってしまいます。

逆に言えば、感染を広げるか広げないかは、福祉施設で働いている職員にも責任が生まれてきます。

ただ、家庭にはそれぞれ事情があるということをお忘れなく。

「じぶんは大丈夫だろう」という浅はかな考えでの行動だけは絶対にやめましょう。

医療現場・介護現場の崩壊は避けないといけない

感染症が流行った時に一番流行るをまずいのは、医療現場・介護現場です。

広がると大変なことになります。

受け皿となる病院は当然ですが、介護の現場で広がってしまうと一気に感染者が増えることにもなります。

介護の現場で広がると、多くの人が犠牲になる可能性がありますし、何よりショートステイなどの受け入れも難しくなって働きに行けなくなる人も出てきます。

介護・医療の現場が崩壊することでほかの問題も大きくなります。

看護・介護職員は絶対に潰れてはいけない

結局のところ、気を付けていても大人数が集まることで広がってしまう可能性があります。

広げないために出来ることはこんな感じ。

  • 出来るだけ無駄な外出はしない
  • 感染対策だけは怠らない
  • 体調管理は整える

ですが、出来ないことも絶対あります。

何より、看護師や介護職員が潰れないためにどうするか、感染してしまった場合どうするかを考えておく必要があります。

受け皿となる看護・介護職員が感染してしまうと、ほかの職員は休みもとれなくなります。

そうなると精神的にも落ち込みますし、感染しても看護・介護出来る人すらいなくなってしまいます。

まとめ

現場の職員に欠員が出た場合にどうするかも考えておかなければいけませんし、待遇についても今までと同じようにしていたのでは、いずれ施設崩壊が起きます。

中にいる患者・利用者を守るだけでなく、看護・介護職員を守ることも考えないといけませんね。

いずれにしても、病院も介護施設も広がることはハイリスクの患者が多いので考えて行動しないといけないのではないかと思いますよね。

ただ、国がそこまで真剣に考えているのか、仕事だからと介護・看護職員をないがしろにしているのではないかとどうしても思ってしまいます。