読書がしたいのに続かない理由【好きな本を読んでいない】

本は面白い。

読書は面白いです。

また新しい発見があったのでこうしてブログに書こうかなと思いました。

「読書出来ない」

「本を読んでいると眠たくなる」

などの声を聞きますが、そうなるには理由があります。

スポンサーリンク

読書がしたいのに続かない理由【好きな本を読んでいない】

結論から入りますが、読書したいのに読むことが続けられないのは好きな本を読んでいないからです。

好きでもない読みたくもない本を読むことなんて出来ません。

実際には読むことくらいは出来るんですが、興味のない本を読み続けることは容易なことではありません。

好きな相手とならずっと一緒にいれますが、嫌いな相手、興味のない相手とは一緒にいることすら無理ってなりますよね。

本にも同様のことが起こります。

簡単な本から読み始める

そうはいっても、仕事のことで読まなければいけないということもあるかと思います。

そういった場合には、簡単な本から読みましょう。分厚い本から読んだところでわかりません。

要約してあるような「じぶんにとってわかりやすい本」を読みましょう。

あくまで「じぶんにとって」が大事。

人に言われて「読みやすい」と思っても、読むのは他でもない「あなた」です。

簡単な本はちょっと・・

と思うかもしれませんが、気にせずにまずは「読む習慣」を続けることをおすすめします。

集中力が続かないのはじぶんにとって、興味がなくて好きではない本を読んでいるためです。

難しい本には徐々に挑戦する

難しい本を読んでいる人がカッコイイと思います。

初めから知識があったわけではないですよね。

あなた自身が知らないだけで、今難しい本を読んでいる人も最初からそうだったわけではありません。

徐々に本が読めるようになっています。

あなたが難しい本を読むことが出来ないと考えるなら、読む習慣をつけることでだんだんと読めるようになります。

いきなり、分厚い本を読む必要はありません。

簡単で読みやすい本を読みましょう。

ドラクエなどのRPGでも同様にいきなりラスボスと戦っても勝てませんよね。

分厚い本=ラスボス

とでも考えましょう。

気になる本は読んでみる

今回書きたかったのは実はここです。

気になる本は読んだ方がいい。

誰に言われたわけでもない、じぶんが読みたいと思った本は読んだ方がいいです。

気になったということは少なからず好きということです。

好きな本であれば、読むことが出来ます。

読書が続かないと悩んでいるかもしれませんが、すきな本であれば読むことが出来ます。

マンガであれ小説であれ読めます。

大事なのは気になった時には読んだ方がいいということです。

人生においては、気になった人にアピールしまくっては問題が起こりますのでやめましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ずっと気になっていた本を読むことが出来たので、今回の記事を書くに至りました。

好きでもない本を読み続けることは勉強になりませんし、時間の無駄です。

なんのために本を読むのかはその人次第ですけど、どうせ読むなら面白い本・好きな本を読んだ方が効果的です。

読書が続かないことには原因がありますし、あなたに集中力がないというわけではないのかもしれませんよ。

今回の記事を書くきっかけになったの本はこちら。