仕事の流儀 【10年後の自分をイメージして働く】

毎日おなじ仕事をしていると、いまのことしか考えることが出来ません。

ですが、仕事をする上で大事なことは未来を見据えて働くことです。

現状がどうであれ、いまのままの状態が続くとは限りません。

スポンサーリンク

仕事の流儀 【10年後の自分をイメージして働く】

仕事の考え方や捉え方としてすぐ先を見るのではなく、10年後の自分をイメージして働くことをおすすめします。

目の前のことは大事ですけど、ずっと続く可能性が少ない仕事を続けることはデメリットでしかありません。

なくなる仕事に奮闘するのは時間の無駄ということです。

それならば、新しい風を起こすような仕事の流儀を取り入れる必要があります。

10年後にどうなっていたいか

いまのまま、同じ仕事を同じようにずっとこの先も続けていたいと思いますか。

思うのであれば、よほど面白い仕事か、成長意欲がないのかどちらかです。

変化を嫌うだけかもしれませんが。

口が悪くなりましたが、この先10年経っても同じ仕事を同じようにしているというのは問題です。

10年後にはいまのじぶんとは変わっていなければいけません。

10年は目安

10年という数字にこだわる必要はありません。

ですが、30年とか20年では長すぎます。

週間では短すぎます。

ある程度の中長期的な目標は必要です。

1年でもいいのですが、大きく変わるのであれば10年くらいがイメージしやすいです。

じぶんだけの仕事の流儀を持つ

じぶんがどのように働いて生きていたかを考える必要があります。

つまり、じぶんだけの仕事の流儀を持つことです。

じぶんの流儀を持つということは、「じぶんの仕事に責任を持つ」ということです。

同時に仕事に対して前向きに取り組むことにもなります。

新しいことを恐れない

多くの場合は、現状維持が楽でいいですし変えないことが正義と考えられてしまいがちです。

ですが、変わらないことは退化していることと同じです。

10年後にいまとはかけ離れて成長したあなたでいるためには変わり続ける必要があります。

そのためには新しいことへの挑戦を恐れてはいけません。

スポンサーリンク

まとめ

仕事は前を向いて未来に貢献するために行うものです。

じぶんのためもあるとは思いますけど、多くは社会や他人への貢献です。

10年後に今よりも多くの人に幸せを提供するためには足踏みしている足を前に向けて歩くことが最重要となります。

そのため、まずはじぶんの未来像をイメージしてみてはいかがですか。

あなたの将来はどうなっていたいですか。