貯金の意味を実感【備えあれば憂いなし】

子どもに対しても人に対してもこう言うことはないでしょうか。

「貯金はしておいたほうがいい」

と。

今まで何度となく貯金を試みてきましたが、貯金しておいてよかったと思う機会があったのでこの記事を書くことに至りました。

スポンサーリンク

貯金の意味を実感【備えあれば憂いなし】

貯金はしておいたほうがいいです。

欲しいものを手に入れるときにはお金が必要です。

備えあれば憂いなしとはよく言ったものです。

頑張って貯金する意味というのは貯金したお金を使うときに気づくことができます。

お金がなくて必要な時に使えないときこそ、貯金をしておけばよかったと思ってしまいます。

気づいてもなかなか実行できないのが貯金ですが、安心を手に入れるためにもちょっとずつでもしておくほうがいいですね。

いくら貯金すれば安心するか

では、いくら貯金をしておけば安心するでしょうか。

100万あれば安心なのかそれ以上なのか。

貯金は安心を手に入れる目的もありますが、いくらあっても安心はしないものです。

何かあったときに使うとしても確実にお金が足りるとも限りませんし、人間は強欲な生き物ですので、どんどん欲が増えて別の物を手に入れたくもなります。

いくらお金があっても安心を得ることはないのはないかと思います。

何のための貯金なのか

そもそも貯金は何のためにするのでしょうか。

  • 欲しいものを買う
  • 将来の為に備える

目的によってお金の額は変わってきますし、貯金する意味も変わってきます。

目的があれば貯金もしやすくなりますが、額が大きすぎるとモチベーションが上がらず貯金その物が難しくなります。

備えはたくさんあったほうがいい

とは癒え、備えはたくさんあった方がいいです。

いくらお金が必要なのか、何のために必要なのか。

安心できる額は人によって違います。

ですが、あればあったほうがいいです。

ないよりはあったほうがいいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はそこそこにお金を貯めておいたのですが、実際には予算オーバーで困りました。

思ったようにいかないのが人生ですし、お金はいつ必要になってくるかわかりません。

実際に体験してみると、お金が足りなかったことやお金がないことでの後悔は絶対にしたくないと気づきました。

絶対に大丈夫ということはないからこそ、備えは必要だと気づきました。