おすすめ本の紹介は人によって違う【あえて選ぶ1冊】

本が好きな人はこんなことを言ったり言われたりすることはないだろうか。

「何かおすすめの本ある?」

この質問って変だよね。

何が変かって、じぶんが読んでみて、「おっ、これいいな」と思っても、人にとっておすすめの本かどうかはわかりません。

ましてや、あなたにおすすめの本かどうかはわからないってこと。

「そうはいっても、なんかあるだろうおすすめの至極の1冊が」ということで書いていきます。

スポンサーリンク

おすすめ本の紹介は人によって違う【あえて選ぶ1冊】

もう早速になりますが、結論を書きます。

どうしてもおすすめの本が知りたいという人に出す1冊はこれしかない。

どこに出しても誰に出しても納得してもらえるだけの内容を秘めています。
おすすめの本って結局、じぶんが読んでどれだけじぶんの人生に影響を受けたかということ。
そういう意味では一番しっくり来るのはどんな自己啓発の本よりわかりやすい本です。
実際に行動するのは難しいけどね。

本から学びたいことは何か

おすすめの本を人に紹介したりされたりするということは相手のことを考えないといけません。

他の誰でもない目の前の人がどんな思いで本を読みたいと思っているのか。

  • 楽しい気持ちになりたい
  • 勉強がしたい
  • 自分を変えたい

本を読む理由なんてさまざまだと思うけど、どういう意図で本を読むかは重要。

小説をすすめるのか、参考書なのか、自己啓発や過去の偉人の書いた本なのか。

どんな本であれ勉強にはなるし、じぶんの力にはなります。

ただ、ある程度読む目的があったほうが内容は入ってきやすいです。

本を読むだけでは効果はない

本を決めたとしても、次に考えるのは本を読むだけでは効果がないってこと。

たくさん本を読んでも、そのあとに何もしなかったらどんどん記憶が薄れていきます。

本を読むこと自体はいいことなんだけど、本を読めば変わるわけではありません。

おすすめの本を聞いてたくさん読むことは大事ですが、大事なのは本を読んだ後です。

本から学んだことを実行しないと意味はない

どんな本でも学べることは多岐にわたります。

小説であれ、参考書であれマンガであれ、じぶんの頭の中に何かを残します。

ですが、本を読むことを決めたのであれば、読んだ後に本から学んだことを実行しなければじぶん自身にかえってはきません。

本を読みたいと言う人の多くは「じぶんを変えたい」と思って読むことが多いです。

それなのに、読んだら読みっぱなしでは意味がありません。お金の本でも、掃除の本でも自己啓発でも本を読んだ後の方が大切です。

スポンサーリンク

まとめ

おすすめの本を紹介するのは容易ではありません。

もしもあえて1冊を選ぶなら1つしかありません。

なぜこの1冊なのかは読んでいただければわかりますが、変わりたいと思うなら小手先のテクニックより人格の成長が一番だと思うからです。