仕事のミスを減らす方法【再発防止の仕掛けと仕組みを作る】

仕事をしていてミスをしたことがない人はいません。

ミスをしない人とミスをする人の違いは何かと考えると理由はたくさんあります。

確認作業や仕事の取り組み方、仕事量など様々です。

ですが、業務内容がどんなものだとしてもミスはあまり褒められたものではありません。

「気をつけろ」と言っても、それで出来ればミスは起きていません。

ミスは起こってしまうものですが、ミスの数を減らすことは出来ます。

そのために再発防止策を考えておく必要があります。

スポンサーリンク

仕事のミスを減らす方法【再発防止の仕掛けと仕組みを作る】

ミスを起こさないためには仕掛けと仕組みを作っておく必要があります。

「仕組み」は、「何かをうまく動かす為の構造や骨組みのこと」です。
「仕掛け」は、「仕組みを使って思い通りに動かす工夫のこと」です。

ミスが起こるのは原因があります。

本人だけが悪いとは限りません。

会社の体勢上、ミスや事故が起こりやすい状況も考えられるので、どうすればミスが起きないかを検討する必要があります。

「ハインリッヒの法則」に当てはめて考えると、ミスが起こりやすい職場というのは、300のひやりハットの数が想定以上にあると考えておかなければいけません。

ミスが起こるには原因がある

ということで、ミスを起こさない仕掛けと仕組みを作っておく必要があります。

どうすればミスが起こる前に事前に防ぐことが出来るか。

どうすればミスが起こってから、今後起こることがないように改善できるかが重要です。

ゴミが散乱して困るのであれば、近くにゴミ箱を置く。

利用者が転倒して困るなら、環境は間違っていないか、どうすればこけることがないような環境に出来るか考える。

部屋の配置、物の置き場所、他に必要な物、照明、普段の行動などを考えます。

仕掛けるのは「人がしたくなるような行動をとらせること」が大事です。

原因を探って、何をすれば今の状況を打開できるかを考えます。

相手が物でも人でも考え方としては同じです。

ミスは起こるものと心得る

ただし、ミスは必ず起こります。

人間はミスをする生き物です。

機械でさえエラーなどが起こったりするのですから、人間はものすごく間違えますし、ミスもします。

勘違いやニュアンスの違いなどで、他者とのトラブルになってうまくいかないこともあります。

人と人との関わりの場合は考え方や生きてきた時代などによっても変わります。

ミスが起こったからと言って、相手を責め立ててもあまり効果はありません。

かえってミスを誘発させてしまうことの方が多いです。

そうではなくて、ミスが起こらないような仕組みと仕掛けを作ることに時間をかけることのほうが生産的です。

スポンサーリンク

まとめ

仕事で後輩などのミスが気になったりすることもあります。

ミスから学ぶこともありますが、誰かが犠牲になって学ぶのはできるだけ避けておきたいですね。

ミスを責めるのではなく、会社の組織全体でどんな仕掛けや仕組みを使えばミスが減るのかを考える必要があるのではないかと思います。