介護職のアンガーマネジメント【イライラはコントロールできる】

どうも大福丸です。

介護職として仕事しているとイライラしますよね。

  • 忙しいのに言うことを聞いてくれない
  • なぜか介護抵抗がある
  • おしめ変えてあげているのに怒られる
  • 同僚の失敗でじぶんが手直し
  • 給料に見合っていない

おそらくいろんな思いがある中で仕事をしていることと思います。

仕事をしていると、イライラすることはありますがアンガーマネジメントについて知っておくことで少しはイライラが解消できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

介護職のアンガーマネジメント【イライラはコントロールできる】

イライラはじぶんが怒っているものですのでコントロールできます。

起こった事象に対して「怒る」とか「イライラ」するという状態を作り出しているにすぎません。

アンガーマネジメントの考え方として怒ってはいけないというのではありません。

時には怒ることも必要ですし、全く怒らないというのも難しいですよね。

ただ、怒ってばっかりでは「よく怒る人」と思われて周りからどんどん人が離れていくだけです。

周りにそういった人はいませんか。

怒りには「価値観の違い」が深く関係しています。

介護職がイライラしていると、ほかの仕事以上に問題があります。

虐待になってもいけませんし、周りの職員との調和が非常に大事な仕事です。

怒るのは仕方ないとしても、怒りとどのように付き合うかは考えた方がいいですね。

「怒る」感情は止まらない

とは言え、怒るという感情は止めることが出来ません。

とっさに起こってしまう感情ですので、怒りは止めることが出来ません。

ですが、感情を止めることは出来なくても、怒りという感情が沸き上がった後に怒るか怒らないかは本人次第です。

怒りのピークは6秒と言われています。

6秒を超えても怒りが抑えられないようであれば、別の場所に避難して怒りを抑えるなど方法はいくらでもあります。

相手に感情をぶつけるだけでは何の解決にもなりませんし、ましてや介護の仕事であればなおさらのことです。

認知症の利用者に怒ったとしても、相手が分かってくれるかどうかはわかりませんし、じぶんの対応そのものに問題がなかったのかを思い返すことが必要ではないでしょうか。

価値観の違いを思い出す

そもそも、なぜ怒るのかということになりますが、じぶんとあいてとの価値観の違いから怒るという感情に発展してしまいます。

目の前の事象に対して、じぶんは何とも思わなけど周りの人からすれば怒りを抑えられないことということもあるかと思います。

  • 時間通りに仕事を終わらせるのは当たり前
  • 相手が悪い
  • じぶんは悪くない
  • やってあげている
  • 感謝されない

じぶんが思っているだけで、世の中の人すべての共通のものではありません。

あくまでじぶん自身の価値観で人は生きています。

じぶんの価値観と違う人に出会った時に、柔軟に対応できる人もいますが、出来ない人もいます。

出来ない場合に、怒りという感情になって表れるのです。

怒りを感じている状態では冷静な判断ができないので、物事を客観的にみることもできません。

主観でしか物事を把握できないのでトラブルばかり起こってしまうのは、周りとじぶんの価値観の違いに気づいていない人ということになります。

気付いていたとしても、変えることが出来ないのは本質的に「じぶんは正しい、相手が間違っている」と思っているということです。

常識と言う言葉を使うことがありますが、世間の常識に沿っていれば大丈夫ということではなく、相手の常識を知る必要があります。

いくらじぶんが世間の常識とあっていたとしても、あくまでそれは主観であって、相手には関係ないのです。

イライラはコントロールできる

先にも挙げましたが、怒りの時間は6秒です。

この6秒をどう過ごすかでイライラは怒りにならず、コントロールすることができます。

具体的には、こんな感じ。

  • 深呼吸する
  • 戦術的撤退としてその場を離れる
  • 相手の言葉や態度の意味を考える
  • じぶんの怒りのMax値の何段階かを考える

怒りをコントロールすることができれば、仕事そのものがうまくいきますし、どんな相手だとしてもうまく物事を運ぶことが出来ます。

わたし自身は、仕事中はよっぽどのことがない限りは怒らなくなりました。

  • ナースコールを連発してくる人
  • 時間通りに仕事が進んでいない
  • 同じことを何度もいう利用者
  • 理解のない同僚

狭い視野ではなく、いろんな考え方があることを理解することで怒りは確実にコントロールできます。

スポンサーリンク

まとめ

介護職をしていると、いろんな人がいます。

ひとり一人にイライラしていたのでは仕事になりませんし、利用者に迷惑がかかります。

何より、イライラしていると周りに伝染します。

鏡の法則というやつです。

できるだけ仕事中はイライラしないほうが仕事もうまくいくので1回でもイライラを少なくするように気を付けてみるとかなり働きやすくなりますよ。