PR

仕事ができない人は辞めない【できる人ほど辞める】

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

どうも大福丸です。

仕事ができないのになぜか会社にい続ける問題社員はいませんか。

そして素晴らしい職員だったのに会社を去ってしまった優秀な人がいるのではないでしょうか。

会社には不公平感とも思えるようなことが日常茶飯事で起こっています。

仕事が出来る人はやめて、仕事ができない人は会社にい続けるのでしょうか。

じぶんの市場価値を知らない人は転職するのは危険です。

スポンサーリンク

仕事ができない人は辞めない【できる人ほど辞める】

結論としては、会社の将来性がないことに気づいているのが、仕事が出来る人。

一方で仕事ができない人ほど、いまの現状に満足しているかルーティン化している生活を行っています。

そのため、変化を好まないことから会社にい続ける寄生虫のようにたくさんいるのが仕事が出来ない人です。

仕事が出来る人は転職情報も調べて、適度な変化を起こします。

常に別の会社の情報にもアンテナをはっています。

会社に無数といる仕事が出来ない人を仕事が出来る人に帰る労力よりは、別の会社に行ってじぶんが変わる方がいいですよね。

仕事が出来ない人は、じぶんのことをあまりよくわかっていないので何かを変えようという考えが欠落しています。

よく言えば、会社は簡単にクビできないのをいいことに甘い汁を吸い続けているといったところでしょうか。

仕事ができない人の特徴【辞めない理由も徹底解説】

出来ない人はじぶんが仕事できていると思っている

とは言え、転職がすべてではありません。

まず仕事ができないと思われている人は、じぶん自身が仕事ができると思っています。

そのため、会社に必要な人間だと思っています。

必要な人はやめるわけにはいかないという意味不明なメサイアコンプレックスが起こります。

出来ないことの自覚がないのでタチが悪いです。

会社に大きな変化を生み出すことも出来ていないにも関わらず、仕事ができていると現状に満足しているので、辞めることはありません。

転職しようという気がない

いまの会社は素晴らしいと思っているか、新しいことを覚えるということが嫌だとか人間関係の再構築が面倒とかさまざまな理由で転職しません。

転職がすべてとは言えませんが、会社にはびこる寄生虫のような状態になっている人は転職したところで同じことを別の会社でするだけです。

ですが、どこの会社に行っても寄生虫のように会社に依存し続ける人は存在します。

会社を辞めることで給料はなくなってしまうため、会社をやめるわけにはいきません。

仕事ができないので、ほかの会社からの評価を得ることも難しく、転職アピールできるものもありません。

何より、転職して大変な思いをするより、今楽に過ごす方がいいと思うのは仕事が出来ない人の特徴です。

仕事に意欲的ではない

仕事ができない人はそもそも仕事に意欲的ではありません。

大きな仕事を任されても、出来る人にまかせてなにもしようとしなかったりします。

意外とよくあるのが、そこまでじぶんが何かしたわけではないのに、あたかもじぶんが頑張った結果うまくいったというようなことを周りに言って回ります。

プライドだけは一人前なので下手に注意すると、反論したり、会社の愚痴をこぼします。

じぶんの能力の低さには目をつぶり、向上させようとは思いません。

ルーティン作業だけをこなすことで仕事ができていると勘違いしているので、それ以上のことはしません。

できるだけじぶんが多く関わらないようにしています。

仕事が出来る人は会社の将来性を察知する

仕事が出来る人は、仕事が出来ない人のフォローをしたり、とにかく仕事量が増えます。

仕事を完全に分断することはできませんが、圧倒的な仕事量をこなすことになります。

仕事が出来る人が手がけたことでも横取りされることもありますし、どんどん会社の黒い部分を知ることになります。

成果を多く上げたところで、給料は上がらないのでモチベーションはどんどん下がりますし、周りの成長は望めません。

優秀な人の周りの職員は優秀な人に頼り切っているので、優秀な人でも疲弊していきます。

仕事ができることはいいことですが、腐った会社にいる場合、単純に負担は倍以上になります。

また、仕事が出来る人は会社の将来性や課題を察知することが出来ます。

組織改革をしなければいけない状態だとしても、何も変わりません。

上司や経営者がちゃんと考えているとしたら、現在の状態ではないはずです。

何も考えていない経営者のもとで働くことは将来性がないことを意味します。

スポンサーリンク

まとめ

転職すればすべて解決するわけではありませんが、出来る人ほどやめるのは仕方のないことです。

仕事が出来ない人は変化を望まず会社に依存して生きていきます。

仕事が出来る人は会社で頑張って仕事をして評価はされても、会社がいい方向に変化していかないことに嫌気がさして、会社を去っていきます。

じぶんの人生を左右することになるので、いまの会社でいいのかと常に考えることは必要です。