PR

仕事が早いは褒め言葉【速く正確をモットーに】

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

仕事が圧倒的に早い人がいますが、そういった人達に向けられる言葉は果たして、誉め言葉なんでしょうか。

相手の受け取り方によっては誉め言葉と感じられないこともあります。

ただ、仕事は早いだけではなく正確にすることをモットーにした方がいいですね。

今回の記事で伝えたいのはこれ

  • 仕事が早いと言われる理由
  • 仕事が早い人が気づいていない事実
  • 仕事が早いことで起こるデメリット
スポンサーリンク

仕事が早いは褒め言葉【速く正確をモットーに】

基本的には仕事が速いと相手に伝えることは誉め言葉です。

ただ、速いだけの相手には言われません。

速いだけの人は何も言われません。

速く正確に仕事をこなしている人に対してだけが言われれます。

仕事が早くて雑だと感じられる人もいるので、あくまで丁寧で速い人を対象とします。

誉め言葉の裏を感じる可能性

一見、誉め言葉のように感じる「仕事が速い」ですが、人によっては誉め言葉とは感じず嫌味に感じてしまう人もいます。

裏をかいて、速いけど雑だねとか、「速いだけ」と言われている気分になることもあります。

本人は丁寧にしているつもりでも、会社に丁寧の指標がなければ「丁寧の度合い」は人によって違います。

そのため、他人から見ると早いだけで丁寧ではないと思うけど、仕事は速いから誉めとこうかと思って言う人もいます。

行動を変えることは難しい

だらだらと仕事をするのは簡単です。

ふだんダラダラとしている人にとってはですが。

キビキビと仕事をしている人にとっては、ダラダラと過ごすことはとても難しいです。

ふだんの動きを制限されている状態なので、パフォーマンスがかなり悪くなります。

仕事でふだん通りが一般の人より早い人であれば、そのままの状態を維持したり変化させることは行動に移しやすいですが、ダラダラ仕事をするのは難しいです。

あなたの普通は普通じゃない

あなたが普段通り仕事をしていても、ほかの人からすれば仕事が早いと感じることがあります。

あなた自身が考えて行動したり、優先順位、レスポンスの速さが他の人からすると普通じゃありません。

当たり前のことだと思っていることでも、あくまでじぶんの中で当たり前なのであって、ほかの人からすれば当たり前ではありません。

仕事が早いのも同様に、考えながら行動すれば仕事が早くなる人も多いとは思います。

ですが、考えないから仕事が遅いということには気づかないのです。

あなたは普通じゃありません。あなたの目の前にいる人も普通じゃありません。

ふつうなんてありません。

あるのは、人の価値観だけです。

仕事は速く正確にするのが基本

そもそもの話、仕事は速く正確に丁寧にするのが基本です。

放っておいても仕事はどんどん舞い込んできます。

あなたがキビキビと働けば働くほどに。

誉め言葉を期待するわけではないですけど、仕事を普段からちゃんとやっている人に対しては自然と「仕事が早い」という誉め言葉が来ます。

望んでも、望まなくてもね。

ただ、「仕事が早い」という言葉は誉め言葉であることには変わりありません。

仕事が早いことで起こる副産物

仕事は速く正確にこなすことが重要だと書きましたが、速くなればなるほど起こってしまうデメリットもあります。

それは、仕事がどんどん増えるということ。

仕事が増えることで多くの仕事をこなすことになり、更に磨きがかかり仕事は速くなります。しかし仕事が増え続けます。

本来ほかの人がやるはずだった仕事も気づいたらあなたがこなしてしまうこともあります。人の仕事をとってしまうと、今度はあなたが行おうとしていた仕事に割ける時間はどんどんなくなっていきます。

世の中はパーキンソンの法則で成り立っています。本当にあなたがしないといけない仕事を見失わないようにする必要があります。

するべき仕事とできる仕事が違います。

スポンサーリンク

まとめ

仕事をパーフェクトにすることは難しいです。

ですが、毎日のちょっとした積み重ねや努力で仕事は早くなるし、丁寧にもなります。

結局のところ、コツコツと仕事をこなしてじぶんで考えて行動して変わろうと思った人の前にしか「仕事が早い」という言葉は与えられません。

ただし、早いと言われる気持ちよさに酔いしれて本来のじぶんの仕事を忘れないようにしましょう。